実践保育力検定Basic Class(ベーシッククラス)

保育、幼児教育、育児 ~子どもの成長に携わる全ての人たちへ~

実践保育力検定とは?

保育士、幼稚園教諭など子育ての専門職の知識をベースに、子どもの成長と援助に関する基礎知識と実践力を身につける検定です。保育者を目指す学生、子どもに関わるビジネスに携わる方、育児中の方など、子どもの成長にかかわる全ての方にお奨め致します。

 

こんな分野で役立ちます

◆保育士・幼稚園教諭のレベルアップ

保育士、幼稚園教諭の専門性は、子どもとのかかわりはもちろん、保護者対応、地域社会とのかかわりなど多岐にわたります。実践保育力検定では、保育現場で生かすことのできる専門的な知識と実践力を習得することができます。また、その学びの認定を得ることで、保育者としてのレベルアップの指標にもなります。保育士、幼稚園教諭を目指す学生の皆さんにもおすすめです。

 

◆転職・復職

保育園や幼稚園への転職や復職、「保育ママ」や「ベビーシッター」といった子どもを預かる事業に携わる方、またはこれから目指す方には、「保育」を学ぶことができるだけでなく、「保育に関する学びの証明」としても役立てていただけます。

 

◆子育て

子どもの成長の正しい理解は、子育てには欠くことのできない知識です。子育ては、予想外の連続。正しい成長の理解により、保護者は子どもの成長に落ち着いて寄り添うことができるようになります。そして、子どもの「生きる力」に大きな影響を与えます。

 

受験申込はこちら>>>

 

 

実践保育力検定Basic Class試験概要

内容 対象(目安)

「子育て」や「保育」に必要な子どもの育ちについての基本的知識

 

Ⅰ 生活の援助「食事」「排泄・衛生」「着脱」

 「体調管理」

Ⅱ 保育活動の実施と援助「造形」「音楽」

 「言葉」「運動」

Ⅲ あそびの援助と安全

Ⅳ 心の理解と対応

Ⅴ 保護者への支援と対応

 

公式教材:

『実践保育力検定Basic Class(ベーシッククラス)テキスト』

 

●「乳児保育の知識」を強化したい幼稚園教諭

 

●より保育の知識を深め、仕事に役立てたい保育士

 

●子どもを対象にしたビジネスに携わる方、目指す方

 

●保育ママや、小規模保育事業に携わる方

 

●保育補助として働く方

 

    受験資格  年齢・職種等の制限はありません。
    試  験  日  2019年11月17日(日) (11月4日より受験票を順次発送いたします)
    試験会場

 【東京会場:受験者に連絡いたします】

 【大阪会場:受験者に連絡いたします】

    試験時間

 2019年受験

 ●東京会場:14:00~15:00

 ●大阪会場:14:00~15:00

    申込期限  2019年11月4日(月)まで
    受験方法  筆記試験60分
    検  定  料   一般:7,000円 / 学生:5,000円 
    出題範囲

 ・実践保育力検定BasicClass(ベーシッククラス)テキスト

 ・保育所保育指針