学校リスク勉強会

 

※「学校リスク管理士」養成講座の修了認定を受けた方は無料です

  

様々な生徒、保護者、そして教員が日常を過ごす学校生活では、想像もしないような出来事(トラブル)が発生することは当たり前と言えます。

そんな時、誰がどのように対応し、誰がどのように責任を負うのでしょうか。

 

「企業で当たり前に行われているリスク管理を学校にも手軽に導入できないか」

 

この勉強会はそうした声に応えるべく、重要トピックや簡潔に導入できる手法を2時間のミニ講座でお持ち帰りいただける構成としています。

(構成:基礎講習+ワーク演習)

 

【今後の講座予定】

 

※会場はすべて東京都心となります

※各回16:00~18:00です

 

◇第1回 2019年10月27日(日)

 学習指導要領から消えた「アクティブ・ラーニング」

 アクティブ・ラーニングはなぜ学習指導要領から消えるのか?

 新しい表現に替わった内容が持つ法的な教育上の問題点を考えます。

 

◇第2回 2019年12月7日(土)

 児童生徒への処罰を考える~教育法令との矛盾はないか

 かつては法的あるいは社会通念的に許されていた処罰が通用しない時代。

 漫然と「昭和」の教育を継続していると、教員が処罰されるトラブルに。

 

◇第3回 2020年2月1日(土)

 学校の訴訟沙汰~予防・初動・対応

 学校トラブルはマスコミも注目する、社会的影響の大きなスキャンダル。

 訴訟沙汰を回避する方策と、訴訟発生時の対応について整理します。

 

◇第4回 2020年4月26日(土)

 学校・児童生徒・保護者の「賠償責任」を考える

 学校種によって扱い方が変わる可能性のある「賠償責任」。

 警察や保険会社との連携も含め、賠償のあり方・捉え方を見直します。

 

(以降も偶数月に開催予定)

 

【開催概要】

 

・各回 16:00~18:00

・各回お一人様¥5,000(税込・教材費込)

 ※教材のみのご提供は¥1,500税込(発送:該当講座実施後)

・「学校リスク管理士」養成講座の修了認定を受けた方は無料です

・各回閉講後に「学校リスク管理ミーティング(懇親会)」を開催

 (各学校での活動や学びを共有・情報交換できます)

・会場はお申し込みされた方にお知らせいたします

・筆記用具とA4版の資料を持ち帰れるバッグ類をお待ちください

 

【参加お申し込み】

 

こちらからお申し込みください。

 

 お申し込み>>>