実践保育力検定BasicClass(ベーシッククラス)テキスト

 

 

保育現場に必要なほとんどすべての事項を網羅し、それぞれのテーマごと、子どもの発達に関する資料、具体的な援助の方法を載せています。

保育を学ぶ学生にも、保育者の研修にも、また、育児中の保護者にも活用いただける内容です。

 

//仕 様//

・2018年7月上旬 改訂版 発売開始しました

・B5サイズ

・一般社団法人実践保育力協会

※改定前のテキストでも試験対応が可能となっております

(ASIN4908232008)

 

// 価 格//  2,160円(税込)

※ご購入はこちらからどうぞ>>>

※団体受験等で100冊以上ご購入の場合には、割引きがございますので、お問合せフォームより直接お問合せください。 

<内容>

Ⅰ 生活の援助「食事」「排泄・衛生」「着脱」「体調管理」

Ⅱ 保育活動の実施と援助「造形」「音楽」「言葉」「運動」

Ⅲ あそびの援助と安全

Ⅳ 心の理解と対応

Ⅴ 保護者への支援と対応

各章、「資料」「実践」「CASE STUDY」「確認問題」を掲載。

 

 

<監修委員>

  • 渡邊暢子

元公立保育園園長。元東京都公立保育園研究会会長。NPO法人保育パラ・ピアカウンセラー協会理事。『0・1・2歳児の指導計画12か月』(Gakken保育Books)など、保育に関する監修・著書多数。

 

  • NPO法人星槎教育研究所

不登校・ひきこもり傾向にある子どもたち、発達障害及びその周辺にある幼児・児童・生徒の支援と健全育成に寄与することを目的とした「教育支援センター事業」「フリースクール事業」「キャリア教育事業」「適応自立支援事業」などを行っている。

http://seisa.ed.jp/npo/